AVAL NAGASAKI PRODUCTS GUIDES
 
AVAL CT CARD SERIES
CT System builder
豊富なCTカードシリーズで多様性のあるシステム構築
「CT System Builder for Network」はCTBOX製品に対応したCTIシステム開発ツールです。仮想化サーバ利用によるシステム構築や、冗長化構成による安定したシステム構築を実現するための機能が揃っています。従来のCT System Builder APIと互換性があり、CTカード製品からCTBOX製品への移行もスムーズに行えます。
forNet 特長/構成
サーバ様式を選ばない自由なシステム構成

ビルダー内サービスでネットワークI/Fをサポートしており、CTBOX(アダプタ)の切り離しが可能になりました。クラウド型CTIシステムやサーバ様式を選ばないCTIシステム構築が行えます。

仮想化対応でシステムの簡略化


forNetではカードドライバー等のハードウェアに関係するパーツを省き、ネットワークI/Fを採用したソフトベースにしたことにより、サーバの仮想化が可能になりました。

構成図

冗長化や分散化システムを容易に構築


CTBOX毎にIDを割り当て、制御サーバとCTBOXの接続を自由に設定できます。複数の制御サーバからもCTBOXを指定する構成ができ、「冗長化システム」や、用途別に「分散化システム」を構築することができます。

冗長化や分散化システム構成図
CT-BOX対応一覧
◆ 音声/FAX機能タイプ
CTBX-104 アナログ4回線 音声/FAX
CTBX-504 INS64×2ch 音声/FAX
CTBX-523 INS1500×1ch 音声/FAX
◆ 音声機能タイプ(Vシリーズ)
CTBX-104V アナログ4回線 音声
CTBX-504V INS64×2ch 音声
CTBX-523V INS1500×1ch 音声
forNet開発環境
マイクロソフト Visual Basic 2010 
.................Visual Studio 2010 VC++ 
.................Visual Studio 2012 VC++ 
WindowsOS対応

最新バージョン情報はこちら

ユーザーズマニュアル、アプリケーションノートはVC++での記述になっています。
VBのマニュアル及びサンプルプログラムは限られた記述になっておりますのでご注意下さい。

CT-BOX対応のために追加された関数
ネットワーク上でのシステム構築を実現するために、以下の関数が追加されました。
サービス情報取得
(bd_getserviceinfo)
CTBOXのネットワーク状態が確認できる機能です。
チャネル情報取得
(bd_getchinfo)
CTBOXのチャネル状態を確認できる機能です。
CTSystemBuilder統合APIの一覧はこちら
forNet管理画面/ツール紹介

CTBOX管理画面やツール画面が用意されており、プログラミングや障害発生時に便利な機能が揃っています。
forNet管理画面
CTBOX一覧表示
制御サーバに接続されているCTBOXの一覧情報、接続状態等が表示されます。
APIテスタ
API機能や、実際の動作を確認できるアプリケーション・ツールです。

プロトコルログ
システム動作時に「CTBOX⇔公衆網」や、
「CTBOX⇔相手FAX機(FAX系)」の通信ログを採取できます。
回線モニター
CTBOXの各チャネル情報や、動作状態を確認できる画面です。

トレーサー
運用中のトラブルを解析するために有効な障害時の動作経緯を採取できるツールです。
シンプルなプログラミングを可能にする基本機能
従来版からのビルダー機能と共通の統合APIや、動作モード/動作モデル/論理チャネル等をサポートしており、システム構築を容易に行うことができます。
●同期型/非同期型の動作モードを選択でき無駄のないプログラミングが可能

●リンクモード/スイッチモードの動作モデルを選択できます

●多彩な論理チャンネルでプログラミングが容易

●従来版のプログラムをそのまま使用できる互換性のあるAPI構成

●豊富なアプリケーションサンプルを用意


CTSystemBuilderページはこちら
※記載されている会社名、商品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

このページのトップへPRODUCTS TOP
AVAL CT CARD SERIES AVAL 監視システム SINGLE BOARD COMPUTER PRODUCTS TOP CT-BOX PCI Express CTI関連製品 開発パッケージ 応用例